個人番号カード(マイナンバーカード)と通知カードの違い

個人番号カード(マイナンバーカード)と通知カードの違いは?

「通知カード」というのは、住民に対してマイナンバー(個人番号)を通知するためのもので、2015年10月以降に世帯ごとに簡易書留郵便で郵送されています。
この通知カードは紙製のカードで、個人番号の他に、住所・氏名・生年月日・性別が記載されています。
あくまで個人番号を確認する場合に必要となるものであり、この通知カードを身分証明証として使うことはできません。
通知カードを受け取ったら、自宅などに保管しておき必要に応じてマイナンバーを確認するときに取り出せばOKです。常に持ち歩く必要はありません。

「個人番号カード」(マイナンバーカード)は、本人の申請に基づき交付されるICカードです。個人番号カードを受け取る際には、通知カードを返納する必要があります。
カードの表面には、氏名・住所・生年月日・性別・顔写真・電子証明書の有効期限・セキュリティコード・サインパネル領域(変更事項等を記載)・臓器提供意思表示欄が記載されます。裏面には個人番号(マイナンバー)が記載されます。
この個人番号カードは、公的な身分証明証として使えるほか、電子証明書として行政手続きのオンライン申請にも使えます。

カテゴリー: ICカード, 通知カード タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。