マイナンバーを会社に伝えると個人情報が筒抜けになるの?

会社勤めの方は、2015年の年末調整でマイナンバーを記入することになります。
正社員だけでなく、パートやアルバイトなどの方でも年末調整をすることになるので、同じくマイナンバーを勤務先に知らせることになります。

そこでよく心配されているのが「マイナンバーを会社に知らせると、自分の個人情報が会社に筒抜けになってしまうのではないか?」ということです。
税や社会保障の情報に紐付けられるマイナンバーは、今後は金融機関口座や生命保険などとも紐付けられることが検討されています。そのため、マイナンバーを知られると口座残高なども会社にバレてしまうのではないか、などと心配する声もあるようです。

結論から言うと、マイナンバーを会社に知らせたからといって、会社は個人情報について何も調べることができません。
また、会社に限らずですが、マイナンバーが誰かに知られたからといって、それだけで個人情報が漏れることもありません。
マイナンバーはあくまで個人や法人に割り振られた固有の番号であって、そのマイナンバーに紐付けられた個人情報に誰でもアクセスすることができるわけではないのです。

会社は、年末調整や社会保険(年金や健康保険)の手続きをする際に、役所に対して従業員のマイナンバーを通知する義務があるため、マイナンバーを会社に教える必要があるのです。それ以外の目的で会社がマイナンバーを使うことは法律上できません。

カテゴリー: 質問 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。