「マイナンバー」導入で、生活が大きく変わる!

「マイナンバー」とは?
日本政府が導入を目指している「社会保障と税の共通番号」の愛称です。
日本国民や在留外国人、法人などにユニークな番号を割り当てて、その所得額や医療機関の受診履歴、年金制度などの情報を、行政側が一元的に管理できるようになる予定です。

所得額を正確に把握することにより、公平な徴税や低所得者への年金支給額加算などの社会保障給付が容易に可能になったり、さまざまな行政サービスのコスト削減にも繋がるとされています。
マイナンバーの利用開始・導入は、2015年1月からが予定されています。

さらに、生活が大きく変わると考えられているのが、お役所の「申請主義」からの脱却です。
現状では、行政サービスを受けたり、補助金や給付・還付などを受けるには、原則として「申請」が必要となりますが、マイナンバーを導入することで、行政側が個人・法人の状態を能動的に把握できるようになり、申請が無くても自動的に処理することが可能になると思われます。
これにより、行政コストの大幅な削減はもちろん、個人・法人による役所への手続きの省力化・手間の軽減が見込めます。

コメントは停止中です。