個人番号カード(マイナンバーカード)と通知カードの違い

個人番号カード(マイナンバーカード)と通知カードの違いは?

「通知カード」というのは、住民に対してマイナンバー(個人番号)を通知するためのもので、2015年10月以降に世帯ごとに簡易書留郵便で郵送されています。
この通知カードは紙製のカードで、個人番号の他に、住所・氏名・生年月日・性別が記載されています。
あくまで個人番号を確認する場合に必要となるものであり、この通知カードを身分証明証として使うことはできません。
通知カードを受け取ったら、自宅などに保管しておき必要に応じてマイナンバーを確認するときに取り出せばOKです。常に持ち歩く必要はありません。

「個人番号カード」(マイナンバーカード)は、本人の申請に基づき交付されるICカードです。個人番号カードを受け取る際には、通知カードを返納する必要があります。
カードの表面には、氏名・住所・生年月日・性別・顔写真・電子証明書の有効期限・セキュリティコード・サインパネル領域(変更事項等を記載)・臓器提供意思表示欄が記載されます。裏面には個人番号(マイナンバー)が記載されます。
この個人番号カードは、公的な身分証明証として使えるほか、電子証明書として行政手続きのオンライン申請にも使えます。

カテゴリー: ICカード, 通知カード | タグ: , , , | 個人番号カード(マイナンバーカード)と通知カードの違い はコメントを受け付けていません。

マイナンバー通知カードがまだ届かないんだけど?

マイナンバーの通知カードは、2015年10月以降に順次発送されています。
当初の予定では11月末までには全世帯に発送し終える予定となっていましたが、地域によっては遅れが発生しており12月以降にずれ込むこともあるようです。

以下のウェブサイトで、自治体(市区町村)ごとの状況が確認できます。
https://www.kojinbango-card.go.jp/cgi-bin/tsuchicard/jokyo.cgi
通知カードを発行している地方公共団体情報システム機構から、市区町村の郵便局に持ち込まれた日程が確認できます。

通知カードは、住民登録している住所宛に、簡易書留郵便で届きます。
配達時に不在だった場合には、不在連絡票が投函されます。この場合には、再配達の手続きをする必要があります。
「一人暮らししてるけど、住民登録は実家の住所のまま」「引っ越したけど転居届を出していない」といった場合には通知カードが届きません。住民登録している住所の家族に確認するか、前に住んでいた自治体に問い合わせるかしましょう。なお、郵便局に転居届を出している場合でも、通知カードは転送されませんのでご注意ください。

また、通知カードは世帯ごとに世帯主宛に一括して郵送されます。自分宛てには届いていなくても、世帯主である親などがすでに受け取っている可能性もありますので、よく確認してみてください。

カテゴリー: 通知カード | タグ: , , , , | マイナンバー通知カードがまだ届かないんだけど? はコメントを受け付けていません。

通知カードと個人番号カード(マイナンバーカード)の違いは?

マイナンバーのスタートに伴い、2015年10月以降に簡易書留郵便で順次郵送されるのが「通知カード」です。
これは、すべての国民に対して自動的に発送されるものであり、氏名・住所・生年月日・性別(基本4情報)とともに、マイナンバーが記載された紙製のカードです。
通知カードは、今後各種行政手続きの際に必要となるマイナンバーを確認するためのものであり、身分証明書として使うことはできません。また、この通知カードだけでは本人確認ができないため、本人確認が必要な行政手続きの際には通知カードのほかに運転免許証やパスポートなどの写真付き身分証明書を用意する必要があります。

通知カードとは別に、本人の申請により発行されるのが「個人番号カード(マイナンバーカード)」です。
これは、通知カードが届いたあとに本人が市区町村に申請をすると、2016年1月以降に交付を受けることができます。「個人番号カード」には、カード券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーなどが記載され、本人の写真が表示されます。
個人番号カードは、それだけで本人確認のための身分証明書として利用できます。通知カードと違い、運転免許証などを別に用意する必要はありません。
また、個人番号カードはICカードとなっており、電子証明書としても利用可能です。例えば、確定申告や各種申請手続きなどをネット上でできるようになるほか、各自治体で印鑑登録カードや図書館カードなどとして使うこともできるようになります。

ちなみに、個人番号カードのICチップには、券面に書かれている情報のほか、電子申請のための電子証明書は記録されますが、所得の情報や病気の履歴などの機微な個人情報は記録されません。そのため、個人番号カードを読み込んだからといってそこからすべての個人情報が分かってしまうことはありません。

このように「通知カード」と「個人番号カード」は別のものなのですが、その違いを理解している人は少ないようです。
通知カードはあくまで自分自身で保管しておくべきもので、身分証明書としてどこかで提示するものではありません。
個人番号カードは、運転免許証と同様に公的な身分証明書として使えるものとなるため、その取り扱いには十分に注意する必要があります。

カテゴリー: ICカード | タグ: , , | 通知カードと個人番号カード(マイナンバーカード)の違いは? はコメントを受け付けていません。

マイナンバーを会社に伝えると個人情報が筒抜けになるの?

会社勤めの方は、2015年の年末調整でマイナンバーを記入することになります。
正社員だけでなく、パートやアルバイトなどの方でも年末調整をすることになるので、同じくマイナンバーを勤務先に知らせることになります。

そこでよく心配されているのが「マイナンバーを会社に知らせると、自分の個人情報が会社に筒抜けになってしまうのではないか?」ということです。
税や社会保障の情報に紐付けられるマイナンバーは、今後は金融機関口座や生命保険などとも紐付けられることが検討されています。そのため、マイナンバーを知られると口座残高なども会社にバレてしまうのではないか、などと心配する声もあるようです。

結論から言うと、マイナンバーを会社に知らせたからといって、会社は個人情報について何も調べることができません。
また、会社に限らずですが、マイナンバーが誰かに知られたからといって、それだけで個人情報が漏れることもありません。
マイナンバーはあくまで個人や法人に割り振られた固有の番号であって、そのマイナンバーに紐付けられた個人情報に誰でもアクセスすることができるわけではないのです。

会社は、年末調整や社会保険(年金や健康保険)の手続きをする際に、役所に対して従業員のマイナンバーを通知する義務があるため、マイナンバーを会社に教える必要があるのです。それ以外の目的で会社がマイナンバーを使うことは法律上できません。

カテゴリー: 質問 | タグ: , , | マイナンバーを会社に伝えると個人情報が筒抜けになるの? はコメントを受け付けていません。

共通番号制度の導入でいったい何が変わる?社会保障・税金の手続きが簡単に

共通番号制度関連法案(マイナンバー法案)が可決・成立し、2017年7月の運用開始が予定されています。
生活が大きく変わるのでは期待されていますが、この共通番号制度の導入でいったい何が変わるのでしょうか。

期待されているのは、個人・法人による役所への手続きの省力化・手間の軽減です。
これまでは国や市町村ごとに別々に管理されてきた社会保障や税金に関する個人情報が、共通番号制度の導入により情報が一元化されるようになるため、特に社会保障や納税の手続きが今までよりも楽になります。
例えば、国民健康保険への加入に必要な健康保険組合の脱退証明書、児童扶養手当や住宅ローン減税に必要な住民票の提出は不要になります。

また、同時に「マイ・ポータル」というインターネット上で確認できるサービスも導入される予定なので、自分の納税額などの情報がより手軽に確認できるようになります。

カテゴリー: 共通番号制度 | タグ: , , , , , , , , , | 共通番号制度の導入でいったい何が変わる?社会保障・税金の手続きが簡単に はコメントを受け付けていません。